年俸調停

オフシーズンにフリーエージェント(FA)となった選手に対して、 球団側が年俸の調停を申し入れるかどうかを通告する期限が7日に迫ってきた。 もし球団がこの申請を見送った場合は翌年の5月1日までその選手と交渉することができなくなり、 事実上その選手との契約が切れることになる。もし調停が申請されれば、 選手は12月19日までに調停を受け入れるかどうかを決め、 受け入れる場合は少なくとも1年間の契約延長ということになるが、 もし拒んだ場合でも1月8日まではチームに交渉の続行権がある。 年俸調停に持ち込まれた場合、球団と選手は1月5日から15日の間にそれぞれ1年契約での希望年俸を公認の調停人に提出。 両者はその後、調停人に対しその年俸が適当と思われる理由を説明することになる。 両者からの聴聞を終えた後、調停人は提出された金額のいずれかを選択し、 両者はその調停金額で翌シーズンの1年契約を結ぶ、という段取りだ。 なお調停人は両者から提出された金額以外を提示することはできない。

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析